梅春のイベント続きます。

寒い寒い。 大寒も間もなく終わり、暦の上では立春。「春」です。
いぐさブティック草には、お雛様や五月飾りはもちろん、桜の暖簾や、椿や桜の器など…
春爛漫で、暮らしをほっこり温める春のモノが揃っています♪

日本の春は良いですよね????

さて、2月のイベント情報を更新しました。
イベントページでチェック! 要チェック!!

イベント情報

2月16日(金)〜20日(水)は
無垢 2018春 ニットと写真展
無垢さんのニットは、昔ながらの大横機で職人さんが編まれた
一生もののニット。 草娘や草ママが愛用してるニットは20年ものだったりします。
その職人さんも高齢化で、減りつつあるとか…

作家の梁場さんも期間中常駐されます。
作家さんとのおしゃべりも、無垢展の醍醐味です。
ぜひ、お出かけください。

無垢 2018春 ニットと写真展

2月22日(木)〜26日(月)は
久留米かすりの 田中絣工房さんによる 春の藍華展

重要無形文化財保持者会会員の田中寛さんの工房で
何十もの工程を経て、作り出される、藍染手織りの久留米かすり。

工房直売の展示会なので、毎日作家さんも常駐されます。
作品と、田中さんのお人柄に触れ、素敵な久留米絣との出会いを楽しんでください。

久留米かすり 田中絣工房 春の藍華展

ニットも絣も、職人さんの手業なしでは生み出せない逸品です。
日本から、職人さんが減りつつあるこの時代
若い方にも、作品に触れて、職人の世界を覗いていただけたらと…
草娘は切に思います。

田中さんの工房では、藍染ワークショップも度々開催されていて
草娘も、何度も足を運んだことがあります。
藍甕から立ち込める、なんとも言えない藍の香りが、草娘は大好きです。

無垢さんのニットも、田中さんの久留米かすりも、何十年と着ていても、飽きない服への愛情は増していくばかりの素敵な作品です。
この素敵な技術が、未来にも繋がり、子どもたちも手にすることが出来ますように。

コメントを残す